Archive for 9月, 2011

★個人情報はしっかり保護されている?

ライブチャット運営は、チャットレディーがいるからこそ成り立っているので、

そういった意味でも、個人情報は厳重に守られています。

ライブチャット運営会社がサイトを構築する際に一番に力を入れるのがセキュリティー関連の部分なので、個人情報が悪用される心配はほぼ皆無です。

また、チャットレディーとして仕事を始める時に、運営会社に身分証の提示の義務がありますが、これは「18才以上か?」年齢を確認するためなのです。

★自分でも個人情報を保護

中には、メールアドレスや電話番号を聞いてこられる方もいらっしゃいます。

男性としては、直接連絡がとりたいのです。

「ダメ!」とそっけなく断るのではなく、「追々ね」くらいにしておくと、また話しかけてくれやすくなります。

メールアドレスの場合は、フリーメールなどを利用して専用のものを用意して、教えるのもイイかもしれません。

常連さんになってもらえるチャンスになります。

★チャットレディーをやっていることは知り合いにバレたくない

ちょっとしたお小遣い稼ぎや副業でチャットレディーをされている場合、家族や知り合いに見つかりたくないと思われている方も多いはずです。

『顔出しなし』で、チャットレディーをすることも可能ですが、やはり『顔だし』をされている方の方が人気が高いのも事実です。

『顔出しなし』である程度人気になるためにはどうしたらいいのでしょうか?

・方法その①

「待機中は顔出さないけど、部屋の中では見せるよ」とプロフィールに一言書いておくと、

「どんな子かな?」と気になり、入ってきてくれるキッカケにもなります。

・方法その②

チャット中に顔を見せなくても、1枚でも写真をアップしておくだけでお客さんの食い付きは全く違います。

髪の毛で顔を隠す、目をつぶる、メガネをかける、髪型を変えるなど普段と全く違ったイメージにすると、知り合いに見られたとしても気づかれない場合が多いです。

・方法その③

チャット中は、どアップの映像や口元だけの映像だけしか見せないけど、常連さんになってくれた方には、特別に見せるようにすると余計に喜んでくれるようです。

このスペシャル感がたまらないのだと思います。

男性の女性に対する好みは、千差万別なので容姿は全く関係ありません。

細い人が好き、ぽっちゃりの人が好き、熟女が好き、若い人が好きなど、ホントに様々なのです。

自分は容姿端麗じゃないから・・・・・とあきらめてしまうのはもったいないです。

重要なのは、相手の方の好みを見抜き、それに合わせるということなのです。

★男性ユーザーの好みの女性を見つける方法を分析

男性が好みのチャットレディーを見つける方法は・・・・・・・

①トップ写真の中から気になるコを見つける。

②実際どんな子か知るために、待機映像を確認。

③最終的にプロフィールを見て決定!

男性はこの手順で好みの女性を見つけているのです。

これをもとに、次の3つを工夫しましょう。

①トップ写真

②待機映像

③プロフィール

男性ユーザーにとって、最初に目にするトップ写真の印象が、その女性のイメージとして一番強く残ります。

そのため、次に見る待機映像やプロフィールのマイナス要素をカバーしてしまう場合もあるのです。

『トップ写真』の威力はこれほどすごいものなのです。

★美人に見せるテクニック

実はライト一つで美人に見えるテクニックがあるのです。

煌々とした蛍光灯の下では、なぜかキレイに見えません。

周りが少しだけうす暗く頭の上あたりに白熱灯がやさしく点いているのが、自分を一番キレイに見せてくれるライティングなのです。

顔の下に白い布や画用紙などを持ってくることで、くすみやシミなどをやさしくカバーしてさらにキレイに見せてくれるのです。

この方法を使ってトップ写真を撮ってみましょう。

★プロフィールの書き方

プロフィールには、身長・体重・年齢・スリーサイズなどを記入するスペースと自分の事を自由に書き込めるフリースペースがあります。

本来の自分ではない架空の自分を作り上げても構わないので、自分が女優になった気分で理想の女性を演じましょう。

写真や映像では伝わらないことをこのプロフィールに書き込めるので、自分の性格や趣味をたくさん書きこんでおくと、話しかけられる機会が増えます。

そのためにも、空欄を作らないようにしましょう。

運営会社によっては、待機画像がどアップで写し出される場合もあり、チャットレディーにとってメイクは重要なポイントとなってきます。

中には『スッピン』や『薄化粧』でライブチャットをされている女性もいらっしゃるようですが、

男性としては、「お金を払ってるのに、これじゃうちの女房とかわらない!」と思ってしまうようです。

男性に女性の美しさをアピールする上で『メイク』は最も有効的な手段なのかもしれません。

それでは、カメラ映えするメイク方法を見ていきましょう。

★カメラ映えするメイク方法

・シミ、シワ、そばかすなどはファンデーションでキレイに隠す。

・美白を意識する。

・メイクが崩れてきたら、直す。

・キラキラメイク。

・目を大きく見せる。

・リップはピンク系。

次に、『服装』です。

基本的に、服装は自由ですが、やはりカメラ映えするものを選びたいものです。

★カメラ映えする服装

・一番は女性らしい服装

やはり男性でも着られそうな服よりは、女性らしい・女の子らしい服装の方が喜ばれます。

キレイ、カワイイ女性とおうちデートしている気分になれるのがいいという男性が多いのです。

・黒い服

スタイルをよく見せるために黒い服を着てしまいがちですが、全体的に引き締まった印象を与える分、逆に全体を平べったく見せてしまいます。

・白、淡い色の服

黒い服とは逆に、豊かな胸のラインなどが強調され、女性らしい印象を与えることができます。

しかし、真っ白だと、カメラの具合で顔がぼやけて見えてしまう場合もあるので、注意しましょう。

・パジャマはあり?

パジャマは意外と男性受けが良いようです。

もちろん、デロンデロンのジャージなんかは論外ですが・・・・・

男性が理想とする女性のパジャマはパイル地の女性らしいデザインのパジャマやネグリジェのようです。

バーチャルな彼女と、就寝前に話をしているような気分になれるのが良いのかもしれませんね。

相手の方に、こんなメイクは好きですか?こんな服装はどう思いますか?など意見を聞くことで、会話広げるキッカケになるかもしれませんし、意見を参考にして人気のチャットレディーになれるかもしれません。

相手の方がまた遊びにきたいな!と思ってもらうためには、相手の方を楽しませるような会話をすることが重要です。

まずは、気持ちのよい会話をするためにマナーを心得ておきましょう。

★会話でのマナー

どんな会話をするにしても、「こんにちは」「こんばんは」「ありがとう」「バイバイ」などキチンとあいさつをするように心がけましょう。

そして、初対面の方には敬語を使うようにしましょう。

ライブチャットにやって来られる方は、20代以上の社会人の方がほとんど。

いきなりタメ口や呼び捨てするのは禁物です!

打ち解けてきたら、相手の反応を見つつ砕けた表現を使っていくようにするといいですね。

次に、会話を途切れないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

楽しい時間を過ごしてもらうためには、会話のキャッチボールが長く続くかどうかが重要になってきます。

話がふくらむ会話術をご紹介します。

★話がふくらむ会話術

・質問のしかた

「会話をする」ための方法として一番に思いつくのは、『質問』です。

初対面の方に、「ご趣味は何ですか?」と聞いてしまいがちですが、相手の方が無趣味の場合やマニアックな趣味だった場合には、自分としてもなかなか会話を続けることができませんよね?

この質問をこのようにかえると・・・・・・・・・・・

「私は音楽が大好きで、週末はよく友達とカラオケ行くんですけど、○○さんは週末にする好きなことってありますか?」

これなら趣味を聞くこともできるし、音楽の話に発展させることもできます。

自分にも相手にも当てはまるようなキーワードをいくつか含ませて質問すると、相手も質問に答えやすくなりますし、その後の会話も広げやすくなります。

相手の方が無口な場合は、自分のことをいろいろ話してみるのもいいですが、基本的には相手がどんなことに興味があるのか?どんなことだったら話しやすいのか?探しながら話題を提供するようにしましょう。

・褒めて、いろいろ教えてもらう

相手の方が自分のことを話し出したら、相手に合わせて相づちを打ちながら相手を褒めるポイントを探しましょう。

相手の方が趣味や特技などアピールしている部分は、『触れてほしい部分』なので、意図的に会話で触れるようにしましょう。

褒められることでさらに気持ちよく会話を続けてくれます。

「すご~~~ぃ!」

「○○ってどういうことなの?」などなど

褒めながら、いっぱい質問することで、1時間ぐらいは会話が続きます。

相手の方も得意分野の会話ができた満足感で、あなたに好意を持ってくれるはずです。

そうなれば、リピーターになってもらえる確率もグーンとUPします。

「タイピングでもしっかり会話ができるようになりたい!」

タイピングの上達は練習あるのみ!です。

「楽しみながらやること」が練習を長続きさせる秘訣です。

楽しみながらタイピングが早くなる練習方法をご紹介します。

★タイピングゲームを利用する
タイピングの正確さ、スピードを競いながらできるゲームがあります。
ゾンビを倒すゲーム、お寿司を食べる数を競うゲームと種類も様々です。
無料でできるゲームが多数あるので、お試しください。

★好きな曲を聞きながら、その歌詞を入力
好きな音楽を聞きながら、聞いた歌詞を打ち込んで行く方法です。
歌詞カードと照らし合わせることで、答え合わせができます。
音楽好きの方にオススメの方法です。

★チャットやネットゲームに参加
複数人と同時に会話する機会が多いので、どうしてもスピードが要求されます。
チャットやネットゲームをやって自然とタイピングが早くなったという方も多いようです。

さらに上のタイピングを目指したい人へ。
タイピングがもっと早くなる『裏ワザ』をご紹介します。

★かな入力にする
ローマ字入力は、ほとんどの場合キーを2回以上入力しないと1文字になりません。
これがかな入力ならキーを1回入力するだけでOK。
時間短縮につながるのです。

★打つ回数が少ない組み合わせで入力する
例えば、「じゃ」と入力する場合、「ja」「zya」の二通りがあります。
「ja」の方が1文字少ないので、その分だけ時間短縮となるわけです。

★楽器を練習する
楽器の演奏では、薬指や小指を使う機会が多いため、
タイピングでも薬指や小指がスムーズに動かせるようになります。

★爪を短く切る
これは最後の手段です。
爪が伸びていると他のキーに引っ掛かってしまい、時間ロスにつながります。
爪を短くすることで、その時間ロスを防ぐことができます。

まだまだタイピングに時間がかかるなぁと思う場合は、
あらかじめ相手の方に「タイピング苦手だけど頑張るね」と言っておくと話のネタになって、会話が盛り上がるかもしれません。